新築住宅・建替え・注文住宅・増改築・中古住宅などの不動産、住宅情報なら泉南市・阪南市岬町・高石市・堺市で実績豊富な
フジプランニングへ良い住宅をより安く、最適な住宅ローンをはじめ、お客様の身になって懇切丁寧にアドバイスさせて頂きます。
泉南、阪南市、高石エリアでの住宅情報、新築、建替え等、家を建てるなら有限会社フジプランニング安くて良い家。耐震構造に自信。注文住宅もおまかせ下さい。家づくりのプロが親身にお手伝い。住宅ローンもご相談下さい。
低価格・高品質
新築住宅
「スエルテ」
耐震工法 家づくり
コンセプト
工事の様子を
携帯・パソコンで
チェック
お客様に合った
家の買い方を
教えます
住宅ローン お客様の声 泉南エリアの
物件情報
⇒ 最新のチラシ ⇒ヴィエント ⇒ お問合せ ⇒ 会社概要・アクセスマップ ⇒ヴィエント ⇒ フジプランニング トップ

物件その他のお問い合わせ こちら        当社施工例

現場から生中継

有限会社フジプランニングお客様に合った家の買い方を教えます>家を建てるより、賃貸の方が気楽?
お客様に合った家の買い方を教えます
┣ 一戸建それとも分譲マンション?
┣ 賃貸か持ち家か…?
┣ 今すぐそれとももっと先?
┣ 失敗しない建て替え時期は?
┗ 低価格がもたらす人生余裕度
住まいの常識ウソ?ホント?
┣家を建てるより賃貸の方が気楽
┣自動車ローンで家どころではないのですが・・・
┣敷金が返るって本当?
新築より中古がよい
不動産・ 住まいの常識ウソ?ホント?

 その3 〜敷金が返るって本当?〜
マンションの「敷金」なんですけどそれって本当に返ってくるんですか
友達や周りの人に聞いたら「返ってこない」とか「お金を取られるかもしれないよ」とか 
「半分返ってきたよ」とか、人それぞれでよく分かりません。実際はどうなんでしょうか?
そもそも、この「敷金」っていうのは「何か問題があった時に使用させて頂くお金」みたいなもの
よって基本的に「問題がなければ、返ってくる」わけですね。
だったら、みんな同じように返ってくるんじゃねぇかって話になりますが
現実はそんな事はないわけで。なぜか?というと、それは「契約書」によるからです。
賃貸契約の契約書に「現状回復義務」という条項が記載されていると思います。
そもそも、この現状回復ってなによ?って話になるのですが、・・辞書で調べてみると
げんじょう-かいふく ―じやうくわい― 0 【原状回復】
ある事情の結果(現在)生じている事態を、その事情以前の状態に戻すこと。
                                    三省堂提供「大辞林 第二版」より
辞書通りの意味でいくと
「借りた時点の状態に戻してね ( ´∀`)/ 」って、事になるわけです
えっ?借りた時点の状態に直せっていっても、物理的に無理じゃん。
だったら、新しくしないと元に戻せないのでは?
けど、それって、前の人の汚れや故障も直すことに???自分は関係ないよね?!
………  (#゚Д゚) んなこと、できるかゴルァ!!
という事で、色んな所で、色んな裁判が起こってました。
そりゃそうだ。都会の物件っていうと、敷金だけで100万円相当になるものありますし。
訳がわからず、返ってこなかったらショックですから。
そこで、出たのが
「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」
(※国土交通省 住宅局 住宅総合整備課 マンション管理対策室)
オーナーと借主の間のトラブルを回避する為にできたガイドラインです。
まぁ、ガイドラインですので
既に賃貸借契約を締結されている方は、一応、現在の契約書が有効なものと考えられますので、
契約内容に沿った取扱いが原則ですが。
そのガイドラインに記されている「原状回復」とは、
原状回復を「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、
賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような
使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義されています。
…なんか、小難しい感じですが、要するに
異常な使い方をして壊したり汚したり分は築年数程度に直してね」って事です。
例えば、「畳」「クロス」の日焼けによる変色は生活していて、
自然にできるものですから「オーナー負担」と考えられます。
カーペットなどに飲み物などをこぼして、放置した場合のカビやシミは、
飲み物をこぼすのは普通の生活で起こる事なのですが、
その後に手入れしなかった事がカビやシミの原因になりますので、 「借主負担」という事になります。
ただぁし!あくまでも、これはガイドラインですので、現在の契約書が有効となりますから。
ですから契約をする時点で確認しておく事が大切なのです。
たまに「契約書の内容を説明せずに、契約する」会社もあります。
こういう場合は
ヽ(`Д´)ノ ちゃんと説明しろや、ドルァ!!と、ブチ切れてかまわないかと。
という事で、敷金は普通に部屋を使っていれば、普通に返ってきますよ。
余談ですが、
「逆に請求された!」というケースがありましたが、僕が知っているそのケースは
【夫婦喧嘩で物を投げ合い、壁をブチ破っていた】というケース。
現場を見た瞬間、流石にたじろぎました。
ま、まぁ、部屋は大切に使って下さいね。
追伸
敷金の精算については、難しい問題があります。
どこまでがオーナー負担で、どこからが借主負担か?
納得のいく敷金の返還を行うポイントは二つ。
<入居時の状況を確認しよう>
入居時の状況を写真に収めて、「オーナー」「借主」「管理会社」にそれぞれ渡しましょう
退去時に「入居した時は、こういう状況だった」という証拠になりますので、もしもの時の証拠になります。
デジタル化が進んでおりますから、各々の了承を得られれば
デジカメで取ったデータをCDにして渡しておくと、劣化がなく費用も少なくて済むでしょう。
<契約する前に契約書を確認しよう>
ガイドラインがあっても、原則は「契約書」に基づいた契約になります。
ですから、契約書に判子を押す前に、きちんと契約書を確認しましょう。よくわからない所は
業者に聞きましょう。 ここでしっかりと内容を確認しておかなければ、トラブルの原因となりますので。
契約書に基づいて取り決めが行われているのですから、自分の都合の良いように考えないで、
確認する事が大切です。

家を建てるより賃貸の方が気楽 敷金が返るって本当?
自動車ローンで家どころではないのですが・・・ 新築より中古がよい
年金生活者の賃貸暮らし
▲ PAGE TOP
   
- 使命 -
私たちはお客様の大切な財産である家を最新の技術と最善の材料を用いて
喜ばれる住まいづくりのために一生懸命頑張ります。
お客様が将来にわたって笑顔ですごせる空間を提案し創造することが目指してまいります。
有限会社フジプランニング  〒590-0003 大阪府高石市東羽衣1丁目1−7
フリーダイヤル 0120-025-925 (フリーダイヤル受付時間:10:00〜17:00
TEL : 072-263-8584 FAX : 072-263-7511
E-mail : info@fujiplanning.jp   ※ご連絡はお電話でもEmailでもご都合に合わせて自由にお選びください
Use right FUJI pranning Ltd.
Copyright (C) Raffine Financial Research Institute Co.,ltd. All Rights Reserved.